topimage

2015-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の花 - 2015.05.24 Sun


晴れもせず雨も降らず
部屋からのぞく限り 風はたぶん冷たい

6月の庭のため
あたしの雨のため
商店街の外れの花屋で
梔子の鉢植えを買った
おしゃれもウワサばなしも
あたしの庭には不釣り合い

沈黙を湛えた白い花
人も出たがらない雨の日に
無口のまま お話ししましょう

ついたちになると
否応なしに思い出すので
まだ
しょんぼりしてた
あなたを思い出すので

スポンサーサイト

特別らしい人 - 2015.05.22 Fri


君にも朝はくるのか
それは誰の朝なのだ

眼をひんむいて捲し立てる口には扉がない
その高嗤いの下に誰を踏んづけているのだ
人気者が思いのほか伸び悩むので 
自虐と自慢の振り子の暗示
あらら掛かっちゃうひとがいるんだ
だけど彼らは使い捨ての道具
なので決して満ちることがない

「あたしは真ん中にいるひと」
そうぞどうぞ
見えないくらい

「あたしは上にいるべきひと」
どうぞどうぞ
届かないくらい

「あたしは特別なひと」
なにそれ
それって
おいしいの?

なにそれ
そもそも
君だぁれ

ゴ、ガ 、ツ、 - 2015.05.03 Sun


おまじないでもするように
ゴガツ

自分の鼓膜にだけ響かせると
飼いならされた風景はみるみるうちに

ほら
木を洗う陽光
葉を透かし つま先に遊ぶ影
髪を梳き耳打ちする風の
まるで初めてのような錯覚をゆるし
空は透明の輝きを増しどこまでも

ほら
ぼんやりだった風貌が
眼を瞠るように くっきり
感情は目指すコイル状の不意とキヲク
で、シナプスの音のない花火
道に置かれた新譜または懐メロのような人と風

ちやほやされるゴガツの
息を深く吸い込んだとき
空に向けて目を閉じたあいだの

まじない

そこには、
あたしの善き願いと
けっして喋らせない沈黙の
同時にあっても
許される一瞬がある







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。