topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフターヌーン。 - 2012.10.08 Mon

閉め忘れた窓から
忘れてはならないことのように
肌寒さが忍び込んでいる
意思が取り持つ予感
枯れた腕で抱えた疲労

終わりから始まる朝を
あたしの中に住まわす
男の知らないところで
あたしは根をあげる
男の誤算を知りながら
あたしは心を計ろうとする
むかし話がしゃべりだし
あたしは聞き取れない場所まで下がる
そして
何も言わずに傷つける

女であることをしばらく悔いて
あたしは泣いた

むかしの秋
人肌とは程遠い感情を抱いて
だが
体温はあった

午後は静かであることが望ましい


人気ブログランキング 詩へ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

猫 «  | BLOG TOP |  » 帰り道

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。