topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンコツ - 2012.11.04 Sun


あたしは渇いていた
だから
雨のように詩を降らせた
まるで
詩人にでもなったつもり
今は、というと笑っちゃうの

世間と通じ合ったことで
まるで絞れてない雑巾のよう
濁った水が落ちるはぼたぼた

捌けない思考が錆びついて
まるで忘れ去られた非常階段
骨をつたい落ちるはちろちろ


  詩が、無い。


そしてあたしは
100均の雑巾みたいに
ガチでいったら一度でくたくた
実をいうとぐったり

かろうじて残っている言葉ね、

"ありがと"
多くを語り語らずの言葉

この一年で驚くほど老いてしまった
大切にしていた髪も切ってしまった

マジであたし、ポンコツなんだけど




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

なんとなく、な人 «  | BLOG TOP |  » 裏切りの斜光

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。