topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、 - 2012.11.30 Fri


なぜ、そう思うのか

坂を下る
さりげない優しさのように日は暮れる
陸橋をジグザグ渡る首輪のない犬
振り向く
坂の上
そして三日月
昼間に思いついたこと
もう思い出せない

なぜ、誰にも

坂を上る
あたり前と名付けた窓の灯りが寛ぐ
浮かび上がるみなとみらいの絵空事
立ち止まる
丘の上
それらは星座
葉の突端の夜露
何に耐えているのか

陽の贅沢を夜には語れず
夜のつつましさを昼には思えぬ



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

優しさの解 «  | BLOG TOP |  » なんとなく、な人

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。