topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼓膜だけが知ってる - 2013.04.05 Fri

たとえば
時代屋の店主が死んだあと
誰ひとり継ぐひとも居ず
一度も埃を払われぬまま
ガラクタの処分とされても
それは眠りが続くだけのことであって

いろんなこと、許したし
たくさんを忘れたし
値打ちなんてないし
店主だったら「タダでいい」と言うだろうし
「マジかよっ」と思いつつも
異存のない自分に笑うだろうし

でも、100均女じゃないし


人気ブログランキング 詩へ

● COMMENT ●

元気ですごしてますか?
ばたばたで、久しぶりに覘いた気がします。
あっという間に桜も散って、時間が駆け抜けて行ったけど、
この詩の空間は、時間が止まってるみたい。
埃をふーっと吹いたら、現実に戻されそうだ。

銀へ。

うん。
いつもありがとう。
なかなかパソを開けず、
落ち着いたら、遊びに行くね。


管理者にだけ表示を許可する

雨降る季節 «  | BLOG TOP |  » 黄色い花

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。