topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れがたき風景 - 2012.05.25 Fri


晴れたら晴れたでどこか遠く
追いかけないと離れていく景色のようで

もうそんな必要もないけれど
ずっとまえからそういう人だったように笑ってみせる

         *

雨が降ると子どものころを思い出す
あの尋常ではない退屈さに切なくなる
窓の木枠は染みこんだ雨で柔らかく
木目にそって爪を立てていた
雨に対する恨みがましい気持ちは
大人になってから誰かに感じる悪はなく
たわいも無いひとり遊び

やがてその家を離れるとき
生まれ育った隅々に持ち運べない感傷をみる

あんな小さく柔らかい爪が
どれだけの年月を要したのか
木枠を彫刻したことに気づく
削られた溝は優しく柔らかく毛羽立って
猫よりずっと芸術的だ


#1215


あのころ抱いてた感情は
忘れがたき友である




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ちょうどいい心地 «  | BLOG TOP |  » PARTNER

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。