topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日(改訂) - 2014.10.14 Tue


願うなら木曜の朝
よく晴れた割につつましく
部屋の奥まで届いた陽ざしに
自分だけ世界の朝寝坊
アンテナ張って探すのは
アキソラを哀しがってる詩人のうた

罪のない無関心に置いてきぼり
耳を澄ませて捜しあてる

願うなら木曜の午後
いつの間にか色づいた柿の実の
幼い頃に重ねあう誰かの庭
てっぺんの実は鳥のため
収穫の約束事だね
その情景は既視感みたいにまとわりつく

恥じらうような柔らかな色だったのに
袖でこすって明かしたっけ

願うなら木曜の晩
蒸発をしていく色を一晩寝かせ
大地の鎮まりと眠らない虫の音に
心の柔らかいところを弛ませて
物悲しさの近似値を
いまのうちに解き放っておくから

靴底が石畳をしゃべらせる前に
じゃないと夜は眠らない

祈るなら木曜の晩
不完全な夜空の星のまばたきとか

もしも、
もしも聴こえたならば


人気ブログランキング 詩へ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

あめのちくもりところどころはれ «  | BLOG TOP |  » ソレハキットコイデセウ

■ Manager


気ままに散文、ときどきPOEM
ご訪問、ありがとうございます

Nora

Nora


Cotton 50%
Ignorance 50%

心情論 ≠ 感情論



■ Record
* 過去の詩集


Copyright © 2012 nora.
  All Rights Reserved.


■ Information

■ N*Ryhthm


■ Ranking

応援、ありがと^^

■ 素敵なことばに出合えますよう
文芸Webサーチ

■ Category

ad lib. (39)
solo (28)
session (2)
record (0)
oldie (3)
humming (3)
day's (7)
notice (2)

■ Archive

■ Comment

■ Good old friends

■ Interested

気になる素敵 !

■ Moon

:

■ Arigato



■ ポケットの
なかにいても
いいだろか?
(えさ要らず)

ありがとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。